若はげとプロペシア

20代から薄毛になる人を「若ハゲ」とも呼びます。
普通は、加齢によって男性ホルモンの分泌が安定しなくなると5αリダクターゼが男性ホルモンを強力な男性ホルモンに変化させていきますが、最近では若い男性の薄毛が問題になっています。
何らかの原因によって髪が生えてこない、抜けてしまうのですが全てがAGAとは限らないのが若性薄毛なのです。

若者によくあるケースが円形脱毛症です。
円形脱毛等は過度のストレスによって部分的に、ごっそり髪が抜け落ちます。抜けた原因がストレスであれば、ストレスを解消することによって再び髪が生えてきます。

若ハゲにプロペシアは効果があるのか?

特に若い人の薄毛の原因は、食生活の乱れにストレスが主となります。今では10代から薄毛に悩む人が増えていますので、現代病の一つとも言われています。

食生活の変化

洋食、ファーストフード文化が定着した事から、幼少からカロリーの高い食事をしていると血管が老化しやすく実年齢より血管年齢が大幅に上の人が殆どです。血管の老化は、生活習慣病リスクが格段に上がりますから当然、頭皮環境も悪くしてしまいます。

意識改革の必要性

父親、親戚に薄毛の人がいると「自分も将来は薄毛になる」こう思い込む事で余計なストレスがかかってしまいます。意識し過ぎる事は却ってよくありませんし、なる前から心理的なストレスを抱えてしまうとAGAを早く進行させてしまいます。気になり始めたら直ぐに対処するぐらいの気持ちでいましょう。
早期の対策と治療が進行を食い止めます。

食事の改善

良質のタンパク質は髪の元になります。脂質が多い食事は頭皮を脂っぽくして毛穴をつまらせる原因にもなってしまいます。シャンプーをアミノ酸系に変えてみたり、育毛剤を利用して乾燥を防ぎ炎症を起こさない健康な頭皮にしておく事は非常に大切になります。

顔のスキンケア同様、頭皮を清潔に保ち栄養を与えるのはもはや常識です。
洗い上がりや泡立ちにこだわるよりも、頭皮環境を整えるシャンプーを使う事や、育毛剤は頭皮のスキンケアとして早い時期から初めておくことが大切になります。

若はげの原因がAGAであればプロペシアはその効力を発揮してくれるはずですが、使わずにいれるなら使わないことに越したことはありません。若く健康であるうちから、髪や頭皮を健やかにする生活を送るようにしていきましょう。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ