プロペシアは妊婦や子供には注意が必要

プロペシアは成人男性の脱毛症改善薬ですから、女性や子供は服用が出来ません。

プロペシアの説明書には「妊婦、子供の服用禁止及び錠剤には触れないように」とあります。

妊婦がプロペシアを飲むことはありませんが、妊娠中錠剤に触れる事すら非常に危険で皮膚から薬剤が吸収されると、胎児に影響を与えてしまいます。

特に錠剤が欠損していたりすると、危険ですからもしプロペシアを服用されている場合、管理は奥様に任せずに本人がおこなうようにしましょう。

妊娠中の女性の体は非常にデリケートで、プロペシアだけでなく、パートナーが妊娠している場合の薬は主治医に処方してもらうように心がけましょう。一般的に風邪薬等は、漢方薬を処方される事が多いようです。

プロペシア服用者との妊娠中の行為については、問題がないようですがこちらも主治医に相談をして不安であればパートナーにプロペシアの服用を中止して頂きましょう。

プロペシアは長期使用が効果をもたらしますが、生まれてくる子供を考えればその期間はプロペシアの服用をやめることも考えていきたいですね。

服用を中止すると一月程度で、精子への影響は無くなると言われています。

プロペシアによる影響だけでなく、様々な医薬品でアトピーやアレルギー疾患をもった乳児が増えているといいます。少しでも影響を少なくするといった事を考えれば、プロペシアの服用は中断すべきなのかもしれません。

プロペシアは、コーティングされた錠剤ではありますがやはり万が一を考えると女性や子供の手の届かない場所での管理が安全です。

受精は非常にデリケートな問題ですし、プロペシアだけが原因とは限りませんが、一部でも問題が出る可能性があるのならばその期間だけでもプロペシアの服用を避ける事も大切でしょう。

産まれてくる子供に少なからず影響を与える可能性があるかもしれない薬を飲み続ける事が良いのか、それとも悪いのかを判断するのは個人ですがやはり産まれてくる子供のため、またパートナーの為に子供が産まれてくるその間だけでもプロペシアの服用を中断することをおすすめします。

不安を抱えながら常用するのなら、思い切ってやめる勇気を持つことも大切かもしれません。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ