AGAの原因に迫る

AGAは男性特有の脱毛症で、従来の薄毛とは主たる原因が違います。
薄毛の男性の全てがAGAとも限らず、ストレスや生活習慣によって抜毛や薄毛になる事もあります。

AGAの原因は、男性ホルモンが大きく関わっているのではないかとも言われていて年齢からすると「男性の更年期症状」とも考えられています。

女性の更年期症状は、加齢によってホルモンのバランスが徐々に乱れ閉経に向かって体が変化していく事により、イライラや精神的不安感、ホットフラッシュなどを引き起こし自律神経が不安定になることが原因で起きます。

女性の薄毛も更年期に多くなりますが、やはり若い女性にもストレスや食生活、生活習慣の乱れ、無理なダイエットなどによって薄毛になる人も増えています。

男性の場合にも、ストレスを強く感じる事で自律神経のバランスが悪くなり体の新陳代謝が乱れてしまうので、結果的に血液に栄養が回らない「血行不良」によって、頭皮が固くなり髪の育成が止まってしまうこともあります。加えて生活習慣が乱れていると、悪影響がプラスされ頭皮の状態を悪くしてしまいます。

このような、生活習慣が原因となりジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンが発生します。

テストテロンという男性ホルモンは、体毛を濃くしたり筋肉をつけて男性らしい体をつくります。ところが、頭皮には5αリダクダーゼという酵素が存在していて、この酵素がテストテロンをジヒドロテストステロンに変化させる事が解っています。酵素は私達の体を作り働かせる為に、大切なものですが5αリダクダーゼは男性ホルモンを変化させてしまうとんでもない酵素なのです。

この酵素は遺伝によって作られる量が決まっているので、家系に薄毛の人がいる場合、5αリダクダーゼ酵素を多く持っている可能性が高くなります。

この酵素を持っている人はAGA発症リスクは高くなりますが、やはり一番の原因は生活習慣による体の機能の低下により発症が早くなったり、遅くなったりする傾向があることがわかってきています。

食事や生活習慣の見直しで、少しでも状態を抑えるようにする事も大切になるのです。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ