男性必見!AGA を理解する

巷で目にするAGAは、男性ホルモン型脱毛症の略で、Andro Genetic Alopecaの頭を取ったものです。AGAは進行性の脱毛症で、加齢共に進行しますが、最近では20代の男性にも多くなり色々な原因が取り沙汰されています。

その多くは生え際、頭頂部が薄毛になっていきますが、全体的に髪のボリュームが無くなってしまう脱毛症もあります。抜毛が多くなり、鏡で見ると「髪のボリュームが減ってきた」と感じる人の殆どがAGAと言われています。

一昔前までAGAは遺伝が主な原因といわれていましたが、最近ではストレスや生活習慣などの複合的な要因で代謝機能が衰えてさらにホルモンのバランスを崩す事で髪が抜けたり生えなくなっていきます。

ホルモンバランスが崩れるというのは女性だと思われがちですが、男性も自律神経が乱れてしまうと脳から睾丸に男性ホルモンを作る信号が送られなくなったり、乱れた信号が送られてしまいます。その結果体が反応してホルモン異常やバランスを乱してしまいます。

ホルモンバランスだけでなく、偏った食事で栄養が頭皮まで回らなくなったり、血行が悪い等様々な要因が絡み合った結果AGAとなってしまいます。

抜けてしまった髪の毛穴は無くなる事はありませんので、治療やケアによって甦らせる事は可能です。何もせずにいると、どんどん進行するのがAGAの恐ろしいところで、メンタル、頭皮ケアを含めて早期に治療やケアを行うことが大切です。

進行状況にもよって、ケアや予防、治療の方法は異なりますが重度になればなるほど時間が掛かりますから出来る限り早く気づく事が大切になります。

何をやっても、良くならない進行を食い止める事が出来ない人の為に治療薬があります。クリニックによっては治療を行っているところとおこなっていないところがありますので、事前にAGA治療をやっているのかを調べておきましょう。

悩んでいても、治らないなら行動を起こすのみです。
何事も前向きに考える事で色々な解決策は見えてきます。
自分の状態を把握する事が一番大切なので、何故そうなったかを客観的に考えていきましょう。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ