プロペシアについて理解しよう

プロペシアは男性の脱毛症の薬。いわゆる飲む毛生え薬として開発された治療薬です。

その成分はフィナステリドと呼ばれ、米国のメルク社が開発したのが先駆けとなります。
この成分は日本だけではなく世界各国でAGAに悩む男性の為に、60カ国以上で治療薬として認証されています。日本で厚生労働省に承認されたのは2005年の10月とまだまだ歴史の浅い成分ですが、ほぼ確実に効果を発揮してくれるAGA治療薬となります。

以前からAGA治療薬については噂をされていましたが、2005年の12月から二種類のプロペシアが日本にも上陸しています。

日本では正規会社は「MSD」一社のみで「プロペシア0.2mg」「プロペシア0.1mg」の二種類があり、AGAの進行状態や体質によって処方が変わるので、診察によってプロペシアの処方は違っていきます。

繰り返しになりますが、プロペシアは、フィナステリドが主成分となるAGA治療薬です。フィナステリドは、ノコギリヤシの薬効を利用した合成薬品です。

滋養強壮にもノコギリヤシエキスが配合されますが、北米インディアンが強壮剤として飲んでいたとも言われています。

ノコギリヤシは種類が多いので、どのノコギリヤシにその効果があるかは不明です。

合成されたフィナステリドには、筋肉増強剤を緩和する作用があるのではないかともあり、かつてはドーピング剤としてもリストに挙げられていたこともあります。

フィナステリドの成分は、前立腺肥大の薬であるブロスカーと同じ部類の薬剤となり元は、ブロスカーを飲んだ人に副作用として発毛が見られた事からAGA治療薬としての研究が始まっています。

関係性については、様々な意見がありますがノコギリヤシエキスが薄毛の予防や改善に効果があると言われるようになったのもこのブロスカーからなのです。

前立腺肥大に関わる、5α還元酵素を阻害する薬として利用されていたものをAGAの原因と言われるDHT(ジヒドロテストテロン)の抑制に利用したものがプロペシアなのです。

海外から輸入され話題となりましたが、海外の男性と日本の男性では体質や生活環境が違いますので合わない人は反対に脱毛が酷くなったり男性機能障害、精神的疾患などがみられます。

日本で発売されたものは、日本人向けに研究をした結果、厚生労働省で認可され医療機関で処方されるようになったのです

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ