プロペシアとミノキシジル(内服薬)

プロペシアはAGAを治療する為の内服薬でミノキシジルは外用育毛剤に含まれ育毛効果があるといわれる成分です。

ミノキシジルは、頭皮に与える事によって血行を促して血管を拡張させ栄養を毛根に取り入れやすくさせ育毛効果を上げていくというものです。

有名な男性育毛剤「大正製薬のリアップ」がそれにあたります。

薄毛で悩む人には深刻な問題ですから、藁を掴む気持ちにもなるでしょう。

ミノキシジルとプロペシアはアメリカの製薬会社が開発し、プロペシアに関してはクリニック等で治療薬として認められています。これに対してミノキシジルは外用薬としては認められていますが、内服薬としては日本は勿論の事本国アメリカでも薄毛治療薬として推奨されていません。

医薬品としては利用する場合、アメリカでは日本の厚生労働省に当たるFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可される必要がありますが、ミノキシジルは内服薬としては認可されていません。(※外用薬としては認められています。)

ミノキシジルは、循環器に副作用を強くもたらす為に医薬品としては利用しなくなっている薬なのです。

血管を拡張して、小さな血栓を流したり血圧の安定などに利用される拡張剤は医師が患者の体質に合わせて処方していきます。

実際にミノキシジルの錠剤を飲むことによって、幾つかの副作用も確認されていますので安易に安価なタブレットを輸入業者から買うのはやめていただいた方が賢明かもしれません。

血管拡張剤を利用すると、血圧の高低、肌荒れ、ホルモンバランスの乱れ、多毛症が解っています。

血管をキレイにするのと薬で拡張するのは別の次元ですし、循環器異常で死亡が確認されている以上はミノキシジルの飲用は危険であると考えるのが妥当なのかもしれません。

育毛剤に含まれるミノキシジルについては、一時的に髪が抜けたり頭皮に肌荒れを起こす事もあります。

ミノキシジルだけでなく、皮膚の弱い人は育毛剤に敏感に反応する事もありますから注意書きを必ず読んで利用するようにしましょう。

医療品の内服薬として薄毛治療に効果があるとされている錠剤は、現段階ではプロペシアのみとなります。
ただ、ミノキシジルを内服することでミノキシジル外用薬とは異なり高い発毛効果が得られることからプロペシアとミノキシジルを併用して内服しているAGA患者が多いのも事実です。

最終的には、個人の判断になってしまうのですが、服用するにしてもしないにしても正しい知識をみにつけ、自分に合ったAGA対策を進めるていくしかありません。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ