プロペシアとミノキシジル(外用薬)

高血圧の薬として処方されていたミノキシジルの投薬を受けた患者に多毛症が見られた事から、薄毛の薬としての研究が進められ、脱毛症に効果があると認められた治療薬です。プロペシアと同様に副作用として偶然発見された育毛成分となります。

日本では外用薬として大正製薬の「リアップ」などの発毛剤の中に含まれています。頭皮に直接成分を与えることで、発毛を促すように頭皮に働き掛けていきます。

ミキシジルは発毛因子を刺激して発毛を促しますが、AGAの原因になる5αリダクターゼの働きを抑制するためにプロペシアが必要になります。

抜け毛を防止しながら、薄毛の改善するにはミキシジルとプロペシアの併用が良いと言われています。実際クリニックなどで治療を受ける際にも治療薬としてこの2つの成分が使われている場合もあります。

AGA発症から改善

毛母細胞に、5αリダクターゼが取り付きジヒドテステトロンが脱毛を促進するような働きをしてしまうために髪が抜けていきます。その為に、脱毛ホルモンである5αリダクターゼを制御して発毛を促すように毛根に働きかけていく事が大切になります。

経口薬として、クリニックや皮膚科で処方されるのがプロペシアです。アメリカではフィナステリドの名前で有名ですが、プロペシアは日本人の体質に合わせて成分を抑え副作用も限りなく起こらないように作られています。

ミキシジルは頭皮に直接塗布する育毛剤として、医師が必要と判断した場合には処方されるものです。状態によっては、両方や片方で様子を見ながら追加されていきます。

プロペシアは進行を抑えて、発毛環境を整える為(ホルモンの抑制)の薬でミキシジルは発毛を促進する薬です。

両方を利用する事で、限りなく高い効果が期待されますがホルモン治療に加え発毛を促進させる薬ですので副作用の問題もゼロではありません。

特に個人輸入などで購入となると、非常に危険性も高くなりますので医師の診断と処方が基本となります。薄毛は素人判断で、合わないものを利用すると薄毛を更に進行させるばかりか頭皮にトラブルを起こしてしまう場合があります。

皮膚は加齢と共に敏感に弱くなっていきますので、いくら効果があるからと安易に飛びつかないようにして頂きたいですね。


※画像はミノキシジル配合のプラリスNR-07とプロペシアと同様にフィナステリドを含有しているフィナロイドとなります。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ