男性と女性の薄毛の違い

髪はヘアサイクルにより定期的に生まれ変わっているので、成長期が終わり退行期・休止期に入ると薄毛になると思われますが実はそうではなく、男性の薄毛に関していえば頭皮に悪玉男性ホルモンの量が増加することにより髪が生えなくなってしまいます。

男女共に加齢で髪のボリュームや毛質が変わるのは仕方がない事です。これは人が歳を重ねるごとに老けていくのと同じで髪の毛も老けていきます。これは、健全な生理現象です。
女性も年齢を重ねると退行期や休止期が増えていきますが、それ以外にも原因が複雑に絡む事により薄毛が進行していきます。

男性のAGAは男性ホルモンが悪玉ホルモンにより変化して退行期や休止期に入る毛母細胞を増やしてしまいます。根本的な栄養バランスの改善、ストレス軽減、頭皮環境、悪玉ホルモンの除去によってある程度は改善されていきます。

男性にも言える事ですが、基本的には女性の薄毛の原因は以下の通りです。

・ホルモンバランスの乱れ
・頭皮トラブル
・過激なダイエット
・加齢
・ストレス
・生活習慣の乱れ

などが上げられます。

ハリやコシが無くなったり、髪が細くなる等は頭皮の血行が悪くなると起こります。男性もAGAでは無いものの、髪にハリやコシが無くなる人は間違ったケアやシャンプーにより頭皮の環境が悪くなっている場合が多々あります。

髪を育成するのはエストロゲンという、女性ホルモンです。男性にも女性ホルモンがありエストロゲンによって髪が育成されています。

加齢でエストロゲンの分泌が徐々に減ることによって、髪に元気が無くなりボリュームが不足しがちになっていきます。エストロゲンの減少は避けられないもので、体質にもよって差はありますが誰もが経験する閉経を前に徐々に薄毛になっていきます。
これに加えて、ストレス、食事、運動不足が加わると血液中にふくまれる栄養素が低下し、その栄養が頭皮にまで回らなくなっていきます。

血液は心臓を通って脹ら脛を通り、また心臓に向かって流れていきますが頭皮にまでしっかりと血液が流れなくなっていることも薄毛進行の原因と言われています。体の内部、頭皮環境が整ってこそ髪は健康に生まれ変わっていきますからどれが欠けても駄目だと言うことになりますね。

女性にプロペシアが効果がないのも、薄毛の原因が違う事に有ります。プロペシアは、あくまでも悪玉ホルモンを除去する為の薬剤でそれが発生するのは男性だけです。

一時的な男性ホルモンの分泌で、薄毛になる女性もAGAと言われていますが、これはホルモンバランスが乱れてエストロゲンが減少する為に起こるので、女性の薄毛にの対策は非常に大変で難しいとも言えるのです。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ