薄毛のタイプも色々

男性と女性の薄毛の原因は異なりますが、年齢によっては頭皮環境を整えて栄養を与える事によって改善されます。
男性のAGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが原因です。このDHTホルモンは、毛母細胞の働きを阻害しヘアサイクルの成長期を急激に短縮させてしまいます。

その為に、ヘアサイクルの成長期が極端に短くなって髪が太くなる前に抜けていきます。そして成長しきれない髪が増えるので全体的に髪が薄く見えてしまいます。AGAは進行型の薄毛ですが、近年では「プロペシア」が医師の処方によりクリニックや皮膚科で治療が可能になっています。

女性の場合は、閉経等により一時的に男性ホルモンが優位になることによってAGAを発症することが希にありますが、プロペシアの使用は認められず生活習慣や頭皮環境改善によって薄毛の進行を食い止め育成対策を考えていきます。

脱毛の種類

<AGA>

男性に多い脱毛症で、額の生え際、登頂部、前頭部から薄くなる又は混合型もあります。原因は男性ホルモンがDHTに変化して毛母細胞の働きを阻害するからです。毛球部がこのホルモンによってダメージを受けると髪が弱くなり抜けやすくなったり、生えなくなっていきます。

<びまん性脱毛症>

女性に多く見られる脱毛で、髪が全体的に薄くなりボリュームやコシが無くなります。ストレス、加齢、ダイエット、ヘアケアの間違いによって引き起こされます。

<牽引性脱毛症>

白髪を抜いたり、髪を引っ張ったりすることによって頭皮に負担が掛かり部分的に薄毛になります。女性は、ポニーテール。
男性はリーゼントやオールバック等同じ状態に髪を引っ張る事によって抜けやすくなっていく脱毛です。

<脂漏性脱毛症>

皮脂が過剰に分泌することによって、毛穴が詰まり細菌が入り込んで炎症を起こしたり、フケなど頭皮環境が悪くなる事が原因で起こります。脂質を控える、シャンプー方法を改善する、皮膚炎を治療する事で治ります。

<ひこう性脱毛症>

フケ、皮脂で毛穴が詰まり髪の毛の育成を阻害して成長が出来なくなる為に起こります。シャンプーのし過ぎで皮脂が無くなってしまう事が主な原因です。酷い場合は、皮膚炎になるので保険診療の対象にもなります。

<円形脱毛症>

ストレスが主な原因と言われていますが、医学的な根拠はありません。リンパ球が毛根を異物と勘違いする為に起こってしまう免疫疾患の一種です。

<分娩後脱毛症>

女性だけに起こる脱毛症状です。出産後にホルモンがバランスを崩してしまったり、子育てのストレスによって成長期の髪が抜けやすくなります。栄養がある食事や体を休める事によって改善が見られます。

脱毛症状にも色々ありますが、栄養が足りないホルモンバランス、頭皮環境が悪い事も発症の原因の一部でどれを欠いても改善に時間が掛かりやすくなってしまいます。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ