薄毛予防の改善は食事から

男性の薄毛の原因であるAGAは、ホルモンバランスが乱れることにより起こります。生活習慣の改善などで幾分かは進行を遅らせることは可能ですが、最も効果的な方法はプロペシアとミノキシジルの併用となります。

これらの治療薬は発症してから利用できますが、予防には利用できませんので日頃からの生活の改善が重要な鍵を握ります。

髪に良い食べ物は本当に育毛に効果的なのか

昔から海草やひじきが髪に良いと言われてきました。海苔や昆布も食べると黒髪になると、白髪の予防にも海草類を食べる人がいます。

これらが髪を育成するわけではありませんし、たくさん食べたから薄毛が改善するわけではないのです。ひじきや昆布のように、色が黒いものは如何にも髪に良さそうですが医学的に髪の成長を促進する力はありません。

髪も細胞の一つですから、体のエネルギーと栄養がしっかりと無ければ育ちません。栄養不足が続けば体の成長因子が働かず内臓の働きも悪くなります。繰り返しになりますが、髪は体の臓器の修復が終わってから栄養が回る為に、食事の栄養バランスが悪く栄養が行き渡っていないと髪や頭皮に悪い影響を与えていきます。(髪の毛の育毛は私達人体の構造上後回しにされてしまうのです。)もちろん栄養をたくさん摂取しても、急に髪が生えるわけでもなく本数が増えるわけでもありません。

髪の健康と育成に必要なものは、良質のタンパク質(シスチン)とビタミンB、Eです。シスチンは必須アミノ酸ですが、体では合成出来ない成分ですから食事からしっかりと摂る必要があります。これが含まれているのは、大豆や穀物になります。

玄米や麦等にはこのケラチンが非常に豊富でこれを有効に働かせるのはビタミンB群で青魚に豊富に含まれているビタミンB6、納豆や レバーに含まれるビタミンB2は髪の育成をサポートします。

毛根の血行を促進するのはビタミンEで過酸化脂質を抑えて血液をスムーズにします。

特別な食べ物で髪が元気になるわけではありませんが、やはり和食に利用される食材にはビタミンやミネラル、タンパク質が豊富です。良い育毛剤の効果を出来るだけ早く、そして安定させる為にも食事のバランスは大切ですし、禁煙、運動で体が健康である事が薄毛の予防や改善になるのです。

食事は髪を育てる

髪に良いと言われる食べ物は多くありますが、頭皮の血行を促進させたり毛母細胞を活性化させるには体の中の活性酸素を取り去る事が必要になります。活性酸素は、細胞の育成を阻害して体を老化させてしまいます。細胞が働かなくなれば当然ですが髪も生えて来なくなります。血行の改善は勿論のことですが、髪の原料が生産されない事になれば薬や育毛剤の効果も半減どころか役に立たなくなります。

体に錆をつけてしまう活性酸素を取り去る事は、アンチエイジングだけでなく健康な髪を育成し薄毛の予防にもっとも大切な事になります。

不和脂肪酸は食物にも豊富に含まれていますが、オリーブオイルやゴマ油など植物性の油に豊富な事がわかります。特にゴマには不和脂肪酸が非常に多く、すりゴマや練りゴマ等食事にも簡単に取り入れていける食材です。

不和脂肪酸だけでなく、バランスの良い食事で体に必要な栄養をしっかりと取り入れることは薄毛の予防だけでなく、頭皮の健康の為にも大切です。

髪はタンパク質で出来ていますから、良質なタンパク質を摂る必要があります。特に必須アミノ酸を含んでいるものが大切になります。大豆や麹、酒粕などが最近では話題ですが肉や魚、植物性のタンパク質をバランス良く食べると必須アミノ酸もしっかり摂ることが出来ます。

ミネラル、ビタミン類も髪の健康には大切な成分です。食事をバランス良く食べることは、体内の活性酸素を減らす為にも必要です。髪だけでなく、体への投資だと思えば食事の改善も出来る筈です。
健康な髪の毛の育成はバランスのとれた食事無くしてありません。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ