睡眠と薄毛の関係

「寝る子は育つ」
という言葉は適当に言われてきたフレーズではなく科学的根拠があります。

実は成長ホルモンは睡眠中に活発に活動しています。
小さな子供に早寝早起きが必要なのは、子供の成長にはこの成長ホルモンの活動が必要不可欠であるためです。

このことは髪の毛にも当てはまります。
夜の10時から夜中の2時は一番細胞が活発に働くので、この時間帯の睡眠は特に大切です。
細胞は夜に体を正常に戻そうと古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わろうとします。同時に成長ホルモンが骨や筋肉を作っていきます。

大人になっても成長ホルモンは分泌されていますが、年齢と共に低下していきます。

それでも生きている間は成長ホルモンが働いていますから、それをしっかりと働かせる事が身体にとっても髪の毛にとっても大切なこととなります。成長ホルモンは睡眠に入ってから三時間の間に分泌されていきます。

夜の10時に就寝することが現実的で無い場合もあると思います。そういった場合でも、体や髪の毛の事を考えるなら最低でも12時には就寝して7~8時間は睡眠時間をとるようにしましょう。眠りに入ると、人の体温が上がっていきます。体温が上がれば血行も高まり細胞の活動も活発になります。

仕事の都合で帰ってからも仕事をやったり、帰りが遅くなることもあるでしょう。
その結果ストレスが溜まり眠りが浅くなります。浅くなると夜中に目が覚めてしまったり、深い睡眠が取れなくなります。睡眠時間が短くなると、その分深い眠りに入れなくなってしまうのです。

睡眠が、浅くなると体の疲労感も翌日に残ってしまいます。
しっかりと体や脳が眠っていないわけですから「寝ている間も動いている」と同じ事になるわけです。

眠りは体の疲労を回復して、調子が悪い部分を修復していきます。風邪を弾いていればウイルスを退治して熱を下げようとしますし、筋肉痛なら筋肉の炎症を抑える為に細胞が働いてくれます。
ところが、爪や肌、髪の毛は生命には直接関係しないのでこれらの修復は後回しにされてしにされていることがわっています。

健康であれば問題なく頭皮の細胞も働きますが、調子が悪いと頭皮や髪の毛の修復・改善は後回しにされ、調子の悪い部分を優先して修復していきます。
睡眠は、体を作るために不可欠なものです。どんなに効果的な育毛剤を使っていても睡眠が少なければ効果も半減してしまうというわけです。もちろんこれはプロペシアにもあてはまります。

生活リズムを整え、睡眠と起床リズムをバランス良くすることは薄毛予防にも健康な身体を保つためにも、非常に重要なことなのです。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ