白髪と薄毛の関係について

白髪は加齢によって毛母細胞のメラノサイトが減少し黒い色素がなくなることで起こります。白髪が増えても薄毛にはなりませんが、共に老化による事が原因となると白髪でも薄毛になっていきます。

どちらも頭皮トラブル?

白髪は人によっては、早く白髪になる人やかなり高齢にならなければ目立たない人もいます。メラノサイトの、働きを活発にすれば白髪の予防にもなるのではと考えられますが、髪の細胞はお互いに支えあっているものですから頭皮環境を健康にしておくことは、薄毛や白髪を少しでも遅らせたり予防する効果があると考えられます。

白髪は今の段階では、予防や改善について白髪染めやカラーリングなどとなり、薬剤などで白髪を予防することは出来ません。薄毛についても、確定的にAGAの場合にはプロペシアが医薬品として認められていますが、全ての脱毛や薄毛に効果があるわけではありません。

白髪は遺伝的な要素が強いのでAGAとの関わりもあると言われていますが、医学的に白髪の原因がハッキリとは解明されていません。

ビール酵母やサンショウエキスが白髪に効果があるのではないかと研究もされていますが、メラノサイト細胞はチロシナーゼ酵素がメラニン色素に深く関わっています。薄毛を改善するように血管を拡張して血流を改善する事で白髪が予防できたり黒くなるわけではないので、同時の改善は非常に難しいと言えるでしょう。

薄毛は、頭皮の環境また栄養不足、血行障害などに加え男性ホルモンが関係します。白髪だから薄毛にならないわけでもありませんし、薄毛の人も白髪にはなります。

プロペシアを利用した人の中には、白髪が少なかったりあまり生えない人もいるようですが、関連性に関しては医学的な根拠がなく白髪がどのタイミングで生えるのかは体質や遺伝によるものが大きいとされています。

プロペシアはあくまでもAGA治療薬なのでこれで白髪が生えなくなる事はなさそうです。白髪染めとの併用については、頭皮の環境もありますので医師に相談するなりされた方が間違いないでしょう。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ