喫煙は薄毛を進行させてしまいます

喫煙は嗜好品ですから、無理に止めてくださいとはいえませんが間違いなく健康を害する成分が体に入ってしまいますし、血行を阻害する喫煙は自分で自分を薄毛へと誘うようなものです。

喫煙は薄毛を悪化させていきます

喫煙、偏食、睡眠不足。不健康な人程、この3つの習慣を持っています。偏食は、レシピ等で改善したりサプリメント等の補助食でギリギリを補えますし、睡眠不足も限界を超えると自然に眠気もやってくるでしょう。

ところが、喫煙は中毒症によって中々強い意志を持っていても辞めることが困難になります。生活習慣の中でももっとも悪習慣になるのが喫煙となります。

タバコには有害物質に化学物質が含まれていて、それをみれば禁煙したくなるぐらい体に良くないものです。

タバコが何故、薄毛に良くないかと言うと第一にあげられるのが血管の収縮です。喫煙をを続けると太い血管はもちろんのこと、毛細血管の働きまでも悪くしてしまうので、末梢まで血行が上手く流れなくなるのです。
頭皮の血管は末梢血管になるので、喫煙によって毛細血管がつまってしまったり流れが悪くなれば薄毛になるのは当然なわけですね。また、ニコチンやタールは神経組織を破壊するので、男性ホルモンの分泌のバランスを崩しやすくもしますので自ら悪玉ホルモンを育成しているようなものなのです。

活性酸素も体に増えていきますから「百害あって一理なし」

喫煙は体の栄養素を壊してしまったり血管を細くしたりするので、身体に良くないのはもちろんのこと、健康な髪を薄毛にする原因にもなるのです。煙だけでも髪や頭皮に悪影響を与えてしまいますので、髪を大切にするなら禁煙をオススメします。

毛母細胞は毛細血管から栄養を受け取り髪の毛を差だてます。育毛剤がいくら優れていても、喫煙による化学物質や有害物質が育毛を阻害してしまうと効果がみられなくなります。

髪も体の一部ですから、喫煙の害を受ければてきめんに生えなくなってしまいます。髪の為にも健康の為にも禁煙は大切です。禁煙したら髪の毛が劇的に生えるわけではないのですが、それでも良くないものは少しでも控え頭皮環境をよく考えるように心がけることが薄毛・抜け毛対策の第一歩となります。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ