おしゃれは程々に、カラーリングは薄毛を進行させます

最近はファッションに遭わせて髪の色を変えたり、パーマをかけるなどはファッションの一部になってしまっています。
女性だけでなく、男性もファッション性の高さからカラーリングなどは当たり前のようにされているでしょう。
また、白髪染めなども市販のタイプでは細かく色を変えられる為に見た目にも気を使うようにった高齢者にも人気が高くなっています。
色を変えたり、髪にウエーブを与えるパーマには刺激の強い薬剤を使います。

最近では、薬剤の内容も髪や頭皮に刺激のないものに変化していものもあります。しかし髪の毛や頭皮を傷つけてしまっていることには間違いありません。形を変えたり色を変えることは何かしら頭皮や髪に影響を与えてしまいます。

これらは繰り返す事によって、薬剤の影響が髪や頭皮に蓄積されているのは否めません。パーマは髪の弾力性や強度を弱くします。切れ毛になりやすくなったり、水分を奪うことで髪の毛をパサパサにしてしまいます。

カラーリングもメラニンを脱色してから色を乗せていきますので、しっかりしたケアを続けていかなければ将来的に頭皮や髪に大きなダメージを与えます。パーマもヘアカラーも薬剤がなるべく頭皮に付かないよに作業するのが基本ですが、それでも100%ではありません。この事が頭皮に影響を少なからず与えているのは間違いありません。

お洒落をしたい、かっこ良く見せたい気持ちはわかりますが、適度な頻度とヘアケアをしっかりすることで自分の頭皮を守る事も考えましょう。

<パーマ>

髪質が硬かったりごわつきがちな髪を柔らかく見せるなどイメージを変える為にパーマは利用されます。
キューティクルを剥がして形を作り薬剤で合成キューティクルをコーティングします。縮れ毛の矯正は、これに熱を加えていくので非常にダメージを受けます。

パーマの間隔をあける事やヘアケアをすることによって、ダメージ抑制は出来ますがロットで髪を引っ張るなど頭皮にも影響があるので薄毛になりやすくなります。

<ヘアカラー>

白髪染めもカラーリングまもヘアカラーと同じでアルカリ性の液剤を使います。マニキュアと違い色を長持ちさせる液剤は 、ダメージが強く頭皮にも影響を与えます。ブリーチもメラニン色素を一度抜いてしまうので、髪と頭皮へのダメージが大きくなります。

お洒落の為とは言っても、薄毛の原因にもなりかねない強い薬剤を利用するわけですから、頻繁にはやらずに時間をおいたり常にヘアケアを忘れないようにしましょう。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ