ミノキシジルはAGA にどう作用するのか

プロペシアと同様にAGA治療薬として高い効果が期待出きるミノキシジルは、外用薬として日本でも販売されています。

血管を拡張する外用薬は色々ありますが、薄毛効果はミノキシジルだけども言われます。ミノキシジルには、血管を拡張するだけでなく髪を成長させる「成長因子」を分泌させる事もわかっているのです。

リアップ、ロゲイン、カークランドが有名ですが保有量も様々で自分に適したものを選んでいく必要があります。

ミノキシジルが効果を発揮するメカニズム

頭皮に直接塗り込み、浸透させ毛母細胞に働きかけて細胞分裂を活性化させて髪の育成を促します。速効性はないものの、長期使用で高い効果をもたらすと言われています。ミノキシジルの効果を高める為にも頭皮の血行を高めておく事が必要で、前頭部や側面は比較的血行が悪いために効果が出にくいとも噂されているのも事実です。

ミノキシジルとプロペシアの併用が最も効果的で、体内と頭皮からのダブルの効果で発毛効果が期待されます。実際クリニックや病院などでもこの二つの治療薬(成分)で治療を行っていくケースも少なくありません。

ミノキシジルの外用薬として、ドラッグストアで購入が出来ます。濃度も比較的低く安全ですので、長期使用によってゆっくりとした発毛効果が期待できます。

利用方法は色々です

ミノキシジルは病院やクリニックなどで、頭皮に直接注入するタイプのものもあります。塗るのではなく、注入になりますので外用薬よりと高い効果が望めます。

部分的に濃度の高いミノキシジルを注入しますので、副作用も少なく効果も高い方法です。激痛を伴う場合があるので、事前にクリニックで痛みについて確認しましょう。

痛みのない方法でミノキシジルの注入が出来るクリニックも存在しますので、気になるなら近郊のクリニックで聞いてみてください。

外用薬よりも濃度の高い内服薬も話題になっていますが、副作用等が懸念されていて注意が必要です。
タブレットは日本では販売されていませんので、個人輸入での入手となります。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ