免疫力の低下は髪トラブルを起こしやすくします

体には細菌に対抗する自己免疫力があります。
軽い風邪などは、体が元気で免疫力が高いと眠っている間に風邪のウィルスを撃退して身体を健康な状態に保とうとしています。これは怪我などにもいえることです。子供が擦りむいても治りが早いのは免疫力が高く新陳代謝も活発に働いているからです。

アレルギー体質の人はこの免疫力が低く、カビや雑菌などに反応しやすくなっているのが原因です。
最近では花粉症という、まだ比較的新しいアレルギーが有名ですが植物の花粉に敏感に反応する事は今までに無かったことです。
それだけ、現代人は免疫力が低くなっていて回りの雑菌などの力についていけなくなっているのです。

この免疫力は、生まれた時から決まっているので免疫力が低いとアトピーや喘息等の反応を起こします。幼児の場合、抵抗力をつけていくことや体を動かして強くすることで改善したり出来ますが、成人すると免疫力は年々下がっていきやすくなります。

免疫力をキープする事が成人すると大切になるのですが、雑菌やウィルスに体は真っ先に免疫力を使いますから生命に関係ない髪が一番ダメージを受けやすくなってしまいます。

免疫力は、ストレスもそうですが疲労が溜まってしまうと一気に下がってしまいます。
いきなり抜け毛が増えてしまった人等は、ストレスによるものであることが多いのですが一度抜け毛が増えてしまうと、なかなか改善しにくくなります。

体の機能を正常化する

ホルモンを司る代謝機能は、体の免疫力をキープしたり細胞を修復する為に働いています。睡眠がとれていないと、免疫機能が悪くなります。体の修復にも優先順位がありますから生命に直接関係の無い頭皮や髪の修復は後回しにされてしまいます。運動、食事、睡眠は体の機能を正常に働かせる為に大切なのです。

薄毛にならないようにする為にも、体の免疫力を下げない事が大切になります。免疫力は、自律神経と深く関係していますからストレスを溜めない、リラックスした時間を過ごす、生活リズムをしっかりと整えることが大切です。飲酒や喫煙も免疫力を下げてしまう原因にもなってしまいます。確かに、髪が無くても生きてはいけますが髪トラブルは体からの信号でもありますので、免疫力を維持できるように心がけましょう。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ