頭皮の血行を改善する

頭皮環境を改善する為には、頭皮にきちんと栄養が運ばれるようにしなければなりません。その為には、体の改善をまずは行っていきます。

手足の用に、体の中心から離れている部分には血流が回るのが遅くなります。血管を拡張することによって全身の血行が良くなると当然ですが頭皮の血行もよくなります。

血液は、脂質の多い食事を続けていると血栓が出来やすくなったり流れが悪くなります。またコレステロールも高くなり身体にとっても頭皮にとっても良い血液ではなくなってしまいます。また、栄養バランスが良く摂れていないと細胞も生まれ変わりが出来なくなりますし、酵素不足によって毛母細胞の働きも阻害されていきます。
体が健康でない人は薄毛にもなりやすいと言うことになりますね。

栄養バランスの良い食事、サプリメント等による補給及び適度な運動で交感神経を円滑にし、筋肉を働かす事も血行促進には大切になります。また毛母細胞の活性化の為には、流れてきた血液の栄養素を頭皮(毛乳頭)でしっかりと受け止めるようにしなければなりません。

肩こり等を起こすと回りの筋肉が固まって血行が悪くなります。その為にカチカチになり、酷いコリや頭痛、眼精疲労を起こします。頭皮が固くなってしまうと、血液からの栄養が毛母細胞に行き渡らなくなりなりますのでマッサージなどでコリをほぐすことで、血流がよくなり頭皮にも栄養素が届きやすくなります。

マッサージの方法としては、育毛剤を利用した時やシャンプー時に行っていきます。頭皮がカチコチになっていると育毛剤の効果も薄れますし血行も悪くなります。

指の腹を使って、軽く頭皮をマッサージしましょう。あまり強い力を使うと抜け毛の原因にもなりかねません。オイルを使って毛穴を掃除したり、シャンプーで毛穴の皮脂を落としながら頭皮をゆっくりと動かしていきます。頭皮がびくともしないような状態は、かなり凝り固まっていますので柔らかくしてあげる事がとても大切になります。

頭皮環境の改善は、AGA改善の初歩的な事です。
プロペシアだけに頼るのではなく、根本的な頭皮の環境を整える事でその効果も高くなります。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ