女性の薄毛の原因は複雑化している

女性の薄毛の原因は複雑化しています

最近では若い女性でも薄毛に悩んでいるので人が増えています。

女性の薄毛のほとんどは「びまん性脱毛症」と呼ばれ男性のAGAとは違うと言われていました。
(AGAは頭頂部や生え際のどが部分的に徐々に薄くなってしまう脱毛症ですが、これにたいして、びまん性脱毛症は頭皮(体毛)全体が徐々に薄くなってしまいます。)
ただ、最近では喫煙、インスタント食品、睡眠不足等忙しい現代女性は悪い生活習慣が身に付いているため女性ホルモンの分泌量が低下、その結果相対的にみて男性ホルモンの割合が増えAGAが増えてきていると言われています。

髪の毛もエイジングケアが必要な部分ではあります。しかし見た目の美しさだけにとらわれてしまい大切な頭皮のケアがきちんとされていない事が薄毛を引き起こしているような場合も多々あります。

女性の薄毛は、ホルモンバランス、ストレス、不規則な生活習慣、無理なダイエット、頭皮ケアの間違いが関係しています。

女性ホルモンは髪の育成に大切なものですが、男性ホルモンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)は脱毛を促す事が解っています。男性のAGAの原因はDHTですが、女性の場合は閉経を向かえた時に男性ホルモンが一時的に優位に働いてしまうので薄毛が目立つようになります。

若い女性の薄毛は、ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが一時的に増える事や、食事、ダイエット、ストレスが重なり、更に間違っているヘアケアやシャンプーによって酷くなります。

シャンプー方法で改善する人、育毛剤を使う人、ウィッグを使う人も増えています。女性の薄毛は見た目を老けさせてしまい、美しさを妨害してしまいます。

20代は女性ホルモン量がピークになり、見た目にも健康で艶のある髪である事が多く見られます。質や量には個人差がありますがダイエット、食事によって最近は白髪や抜毛が多くなっている女性の話をよく耳にします。

30代に入るとうねりが出て乾燥しやすくなります。今までのケアが間違っていると頭皮に異常が出たり抜けやすくなります

40代から50代は更年期に入りますので、AGAになったり白髪と共に抜毛が増えます。

60代に入ると頭皮の乾燥が見られ、全体的な薄毛が目立ちます。

この様に女性の薄毛は年齢と共に変化します。

男女共に髪の事や頭皮についての正しい知識を持つことがとても大切なのです。

※プロペシアは成人男性用の内服する育毛剤です。女性、特に妊娠中の方や子供は服用不可です。詳しくは「プロペシアは妊婦や子供には注意が必要」で

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ