女性にも増えているAGA

最近では女性の薄毛が非常に多くなっています。
更年期に入ると殆どの女性が髪のトラブルを感じるようです。

一番多いのは、髪が薄くなりボリュームが減ってくる事ですが、老化に伴う現象ですから仕方がありません。

ただ、最近は若い女性の薄毛も非常に多くなり、殆んどは過激なダイエットや食生活、生活習慣の乱れによってホルモンバランスを崩してしまうのが原因と言われていました。

加齢に伴う薄毛は、全体的なボリュームが少なくなる「びまん性脱毛」と考えられていましたが、女性もAGAになることが解ってきました。

AGAは休止状態に入る毛根が増えることを差します。女性の多くも毛根は生きているのに生えてこなくなるAGA型脱毛が増えています。30代の女性にヒゲが生えてくるなど、ホルモンバランスが悪く男性ホルモンの分泌が盛んになりAGAを発症するのではないかとも考えられています。

10代から20代の抜毛や薄毛はダイエットやストレスである可能性が高いのですが、30代以降の薄毛はAGAの可能性もあるのです。男性の場合は頭頂部や生え際が徐々に薄くなるのが特徴ですが、女性のAGAは頭全体の髪の毛が薄くなってくるのが特徴です。

女性は発毛シグナルのBMP遺伝子が低下し、強力な男性ホルモンが発生することで起こるようです。

プロペシアは男性のAGAには効果をもたらしますが女性には殆どの効果をもたらす事はありません。

加齢による女性の薄毛は、美意識の高くなった現代では非常に深刻な問題になっています。

男女共に「ホルモン」が薄毛に関係があると言われていますので、いかにホルモンバランスを崩さないような生活をするかが今後の薄毛対策の大きな課題となるのは間違いありません。

体の要であるホルモンは、年齢によって分泌量が低下していきます。

これを如何に維持して健康な髪と長く付き合っていくかは、生活リズムをしっかり整えていくことが重要となります。
髪も体の一部ですし、薄毛も現代病の一つと考えて健康な体作りをしていきましょう。

美しさは体の中から生み出されていくのです。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ