育毛剤を選ぶ

育毛剤は、髪を育てる為のもので生やす為のものではありません。
薄毛対策で育毛剤を利用する人の全ての人に効果があるのか?残念ながら現れるわけではありません。では自分に効果がある育毛剤をどのように選んでいけばいいのか?

結論からいうと、使ってみるしかありません。人と同じ症状でも同じ治療薬が効果があるとは限らないからです。これは医師などから処方される治療薬でさえ同じことが言えます。

髪を作る毛母細胞は、表皮、真皮、脂肪細胞の3層である脂肪細胞の中にあります。
この奥深くまで、有効成分を届けるとなると濃度が高くなければ効果はが見られません。

有効成分が流れ落ちたり、蒸発して、しまう事によって実際に頭皮に浸透するのは幾ばくもない事になります。また有効成分が高ければ高い方が良いという訳でもありません。皮膚の敏感な人は有効成分でアレルギー反応などが出て皮膚に負担をかけてしまうケースもあります。

育毛剤の選び方は非常に難しく、頭皮にあったものを選びじっくり頭皮に使用し経過を観察するしかありません。頭皮の環境を良くし、清潔にした上で栄養や保湿をすることは元気な髪を更に元気に艶やかにする為にとても大切ですね。

主な育毛剤の有効成分

ミノキシジル
血圧降圧剤として利用されていましたが、多毛症が見られた事から発毛に効果があると着目されました。日本ではプロペシアとして、副作用の少ない薬剤が処方されます。

センブリエキス
血管を拡張し、血流を改善する効果があります。サプリメント等でも、注目されていますが頭皮に直接与える事によって発毛を促していきます。

ニコチン酸アミド、アデノシン
毛母細胞を活性化させる成分です。
β-グリチルレシチン、塩化カルプロニウム、植物エキスなどが配合されますが頭皮の影響を考えると濃度を上げられない為に確実な発毛は期待出来ません。

現在、厚生労働省で医薬品として発毛効果が認められているのは「プロペシア」のみです。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ