部分別 育毛剤で薄毛の対策

男性の薄毛はその部位によって、頭皮により効果的に働く育毛剤を使うのは有名ですよね。

頭頂部のAGA は日本人に一番多く見られる薄毛のタイプです。ここから髪の毛が後退していきやすいのですが、場所によって必要な成分やケアやその方法も違うものです。

頭頂部の薄毛は、帽子を好む日本人に多い薄毛で皮膚が固く血行が悪くなりやすいので男性ホルモンの変化と血行不良、さらに皮脂詰まり等が主な原因でおこります。自分では解りづらい頭頂部はマッサージなどによる血行促進が重要になります。

ミノキシジルは血管を拡張し育毛効果を上げていきますが、育毛剤にも血行改善力の高いものを選びます。センブリエキスは、血行促進に効果の高い成分なので頭頂部の発毛には効果的といわれいています。さらにDHT を抑えるノコギリヤシ、大豆エキス、オウゴンエキスが配合されていると薄毛対策に高い効果が期待できます。

前頭部のAGA は遺伝や加齢も加わり、DHT の作用もここが一番顕著に出る場所です。
M字型脱毛と呼ばれるこのタイプには、どんどん後退していくのでDHT の原因をブロックする育毛剤を早めに利用する事が大切です。このM字型脱毛は育毛剤だけでなく、生活習慣の改善も大切になるので、血行を促進しながら体の代謝機能も上げていきましょう。

AGAを改善するには食生活改善、禁煙、運動、育毛シャンプーを利用して頭皮環境を改善するがあります。
クリニックや皮膚科では、進行度合いによってプロペシア、ミノキシジルを使います。体内でのホルモン分泌が強く頭皮に影響している場合、内服育毛剤として医師が処方します。

[フィナステリド」は、5aリダクターゼの作用を弱めて沈静化させる働きがあります。
血管拡張として有名なのは「ミノキシジル」で、血行を促進させ栄養分を毛根に届ける事で毛母細胞の動きを活発にします。ミノキシジルを含む育毛剤は市販で購入することは可能ですが、フィナステリドを主成分とするプロペシアは薬局などでは取り扱っていません。入手方法は医師に処方してもらうか個人輸入のみとなります。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ