プロペシアの副作用について

プロペシアは、医薬品ですから当然ですが体質によって軽い副作用が起こる可能性があります。

副作用と聞けば「やっぱり飲まない方が良いのでは」とも考えてしまいますが、作用を知ることは自分に合っているかそれとも、そうではないものなのかを判断する基準となります。

正しい知識を持つことは大切な事になりますからしっかりと副作用について知識を持っておきましょう。

「プロペシアを飲むと男性機能が働かなくなる」と噂されています。
子供を望んでいる人や、これからパートナーとの将来を考える人からすれば大変ショックですね。

具体的に、性欲が無くなる・勃起不全・精子の減少が上げられます。薬には副作用はつきもので、体質によっても現れたり、その逆で全く副作用が出ない方もいます。

正直言いますと「飲まないと解らない」が副作用というものです。

調子の悪い時に鎮痛剤を飲むと痛みは止まっても、体が痒くなったりするの場合もあります。風邪薬は飲むと眠くなる方もいれば、そうでない方もいると思います。これらと同じでプロペシアの副作用も誰もが皆、当てはまるわけではありません。

プロペシアは男性ホルモンを抑制するものではありません。5αリダクターゼの働きを抑制させる為に飲む薬です。

男性はデリケートですから精神的なもので、暗示に掛かってしまうと本当にそうなってしまいますから、気にしないのが一番です。

実際には数%しか男性機能の働きが低下したと感じるだけで、全ての人がそうなるわけではありません。

その他にも、湿疹のようなアレルギー症状も見られるようですが、湿疹や唇の腫れなどは薬によるアレルギーとなるのでこのような場合は服用を中止しましょう。

プロペシアに含まれるフィナステリドは適量であれば、臨床データーからして副作用はほんの一部の人に見られるか見られないかです。前立腺肥大の治療薬「プロスカー」により、薄毛の改善が見られた事からフィナステリドに注目が集まりましだが、プロペシアへの保有量は1㎎と非常に少量です。

まずは、プロペシア以外の事によって体調を崩している等も考えるべきでしょう。

肝機能低下や脱毛なども聞かれますが、肝機能の場合は飲酒やストレスによる代謝不良なども考えられます。

プロペシアによる副作用は非常に低いものですので、あまり神経質になるものではありませんが、不調が現れた時には医療期間での早めの診療をおすすめします。

プロペシアの効果について詳しく確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ