「薄毛・抜け毛対策 基礎知識」の記事一覧

免疫力の低下は髪トラブルを起こしやすくします

免疫力の低下は、身体の健康にも髪の毛の健康にも良くありません。

人間の体はとても良く出来ていて、身体を修復する優先順位と言うもが存在します。優先順位の高いものはまず、直接生命維持に関わってくる心臓などの臓器関係、次に筋肉など身体を動かすために必要な部分、そして最後に髪の毛となります。

修復しなくても命にあまり関係の無い髪の毛はすべてにおいて後回しになってしまうのです。
これは、栄養分配にも同じことが言えます。免疫力が低下してしまい身体に異常がみられると、とにかくすべてにおいて髪の毛のことは後回しにされてしまいます。逆に言えば髪の毛が健康であれば、身体も健康だと言えます。

薄毛予防の改善は食事から

AGAの進行はクリニックや病院での治療・またはプロペシアやミノキシジルの使用により改善させたり進行を遅らせることができますが、発症自体を遅らせるためには日々の生活習慣が重要になります。

特に食事は、血液に含まれる栄養素に直接関わってくるので非常に大切です。卵・サーモン・イワシ・にんじん・かぼちゃほうれんそうetcなどの髪の毛に良い食材をバランス良く積極的に摂取することが大切です。

白髪と薄毛の関係について

白髪はAGAと同様に頭皮環境の悪化が原因の1つといわれています。これはあくまで原因の1つというこであってそれがすべてではありません。その他にも遺伝的・体質的要素が白髪の量や白髪になる時期を決定するとも言われています。

喫煙は薄毛を進行させてしまいます

誰もが知っていることですが、喫煙は身体にとってよくないものです。

タバコは4000種以上の化学物質が含まれているといわれています。その中でも「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」は特に身体の健康を脅かします。これらの成分は発がん性物質となる他、血管を収縮させ髪の毛に栄養が運ばれにくくなります。少しでも髪の毛のこと、体の事を気遣うのであれば禁煙をオススメします。

ミノキシジルはAGA にどう作用するのか

プロペシアと同様に高い発毛効果が期待できるミノキシジル。
一口にミノキシジルといってもいろいろな種類があります。
◎頭皮に直接塗るタイプ
◎クリニックなどで頭皮に注射するタイプ
◎タブレット式で内服するタイプ etc・・・・
プロペシアとミノキシジルを併用することでより高い育毛・発毛効果が期待できます。

おしゃれは程々に、カラーリングは薄毛を進行させます

薄毛や抜け毛を気にするなら、パーマーやカラーリングは厳禁です。

しかし近年、これらはファッションの一部となっていて完璧にやめてしまうのは、なかなか困難な人もいるでしょう。できるだけ期間をあけたり、ヘアケアをしっかりするなどして、抜け毛・薄毛対策をしっかりとるようにしましょう。

アナタのシャンプー方法は間違ってませんか?

「髪の毛を洗う」よく使うフレーズですが、実は間違っています。意識的に洗うのは頭皮であって髪の毛ではありません。

髪の毛の汚れは始めのお湯賭けでたいていは洗い流せてしまいます。ただし、毛穴につまった皮脂は落とせません。毛穴に詰まった汚れは指の腹である程度力を入れて洗うようにしましょう。

髪は皮膚の一部です

髪の毛は頭皮から上に伸びる「毛幹」そして頭皮の中に隠れて見えていない「毛根」に分かれています。毛根は皮膚の一部であり、細胞分裂を繰り返して毛幹を伸ばしていきます。つまり髪の毛は皮膚の一部なのです。そして、その髪の毛は、私達の頭皮を紫外線や衝撃から守る働きをもち、若い世代からすれば大切な個性を現すファッションの一部でもあります。

薄毛のタイプも色々

一口に脱毛といってもその種類は様々です。
男性の脱毛症のほとんどはAGAですが、全てがAGAではありません。プロペシアはAGAに効果を発揮する毛生え薬となるため、ストレスが原因で起こる円形脱毛症などには効果はないので注意が必要です。
大切なことは自分がいったいどのタイプの脱毛症かを判断しそれに適した対策を講じていくことです。

頭皮の環境を整えることが大切

髪の毛はよく作物に例えられます。作物は栄養の含んだ柔らかい土壌ではよく育ちますが、栄養のないカチカチの土壌ではすぐにかれてしまいます。髪の毛も同じことが言えるでしょう。髪の毛も栄養を豊富に含んだ柔らかい頭皮からでないと、丈夫な髪の毛は育ちません。

頭皮環境を整えるのは髪の毛にとってとても重要なことなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ